お肌の乾燥気になりませんか?

秋になり、一気に湿度や気温が下がってくると、お肌の乾燥が気になりますよね。

お肌は乾燥することにより、本来の美しさを保てなくなります。

かさつくようになり、ひどい場合は粉が吹いてきます。

そんな状態が気になりだしたら、気をつけなければならないのが保湿です。

保湿をするのにもただ保湿しただけでは意味がありません。

きちんと、お肌が欲しているものを吸収出来るような状態をつくってあげましょう。

すごく乾燥してしまった雑巾を思い浮かべて下さい。
5

あまりにも乾燥しすぎて、水分がなかなか入っていかないのを見たことがありますよね。

そして、雑巾は硬くなっています。

まさにその状態が、お肌に起きているのと同じです。

ということは、水分の多いお肌は柔らかいということになりますね。

まず、余分な汚れや角質を落とすためにクレンジングをしてから洗顔します。

この時強くこすりすぎると、肌トラブルの原因になりますので優しく丁寧に行って下さい。

そして拭き取り化粧水を使いお顔全体を拭き取ったあと、化粧水でパッティングをします。

この時の目標は、お肌が冷えるまでパッティングをすることです。

冷えることで毛穴の開きを防止して、キメを整えてくれますよ。

コットンの毛羽立ちを感じたら化粧水を追加して下さい。

仕上げは乳液で、化粧水の蒸発を防ぎましょう。

特別な美容液やパックなどを使用しなくても、おとす・いれる・ふたをする、という

3つを実践するだけで、潤ったお肌ができあがりますよ。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*